top of page

内閣府特命担当 自見はなこ大臣との面会を行いました

更新日:4月29日

2024年4月25日、内閣府特命担当 自見はなこ大臣との面会を行いました。

現在SMAのスクリーニングは国の実証事業として、13都道府県8指定都市にて公費での検査が行われています。

会では昨年9月にも自見大臣と面会を行い、公費でのスクリーニングと早期治療の重要性についてご説明しましたが、今回は4つの学会の理事の皆様(日本マススクリーニング学会・日本小児神経学会・日本先天代謝異常学会・日本免疫不全/自己炎症学会)にもご同行いただき、実証事業における予算確保のお礼を伝え、今後の事業拡大へ向けより具体的なお話を進めることができました。

会では「赤ちゃんを一人もとりこぼさない」という目標に向けて、引き続き要望活動をがんばって参ります。



最新記事

すべて表示

【エブリスディに関する大切なお知らせ】

2024年4月1日付けで、治療薬「エブリスディ ドライシロップ60mg」の添付文書が改定になりました。 新しい添付文書は こちら。 変更点は以下3つです。 ■「4. 効能又は効果」 ■「9.4.1 妊娠可能な女性」 ■「14.2 薬剤交付時の注意」の最後の項目 とくに2つめ(妊娠する可能性のある女性について)と、3つめ(保存条件と取り扱いについて)は、とても大切なお知らせです。 現在エブリスディを

Comments


bottom of page