top of page

【小児神経学会】3年ぶりにブース出展を行いました

2022年6月2日から4日、第64回日本小児神経学会学術集会(@Gメッセ群馬)に参加しました。コロナ禍で完全Web化されていた学会も、ようやく現地開催となり、患者会ブースも3年ぶりに再開しました。


久しぶりだったため準備は大変でしたが、現地の会員さんにもご協力いただき、無事に出展することができました。


人出はコロナ前ほどではないものの、全国から多くの小児神経科医が集まっていました。

治療の進歩が著しいSMAは特に注目されており、各シンポジウムでは活発な議論が行われていたようです。


ブースにも多くの方にお立ち寄りいただき、冊子やチラシ等を持ち帰っていただきました。SMAの現状について、熱心にお話を聞いて行かれる先生がたもいらっしゃいました。


SMAの子どもたちも参加してくれて、いろんな方と積極的にお話していました。

子どもたちが電動で元気に動き回っている姿を実際に見てもらうことも大切な啓発なので、参加してくれて良かったです。お手伝いのみなさん、お疲れさまでした!


今年度は全国各地の学会にブース出展を行います。

会場からお近くの会員さんは、ぜひSMAの啓発にご協力ください。



最新記事

すべて表示

【エブリスディ使用者アンケート調査】にご協力ください

SMAの経口治療薬『エブリスディ』の製造販売が承認されて3年が経過しました (製造販売の承認は2021年6月23日、薬価収載は同年8月)。 SMA家族の会では、薬価収載直後の2021年11月に 【エブリスディ使用者アンケート調査】を実施しましたが、このたび改めて調査を行うことに致しました。 エブリスディを服用しておられる方の中には、服用の効果もさることながら、薬剤の取り扱いの難しさ、大変さを感じて

Comments


bottom of page