【小児神経学会】3年ぶりにブース出展を行いました

2022年6月2日から4日、第64回日本小児神経学会学術集会(@Gメッセ群馬)に参加しました。コロナ禍で完全Web化されていた学会も、ようやく現地開催となり、患者会ブースも3年ぶりに再開しました。


久しぶりだったため準備は大変でしたが、現地の会員さんにもご協力いただき、無事に出展することができました。


人出はコロナ前ほどではないものの、全国から多くの小児神経科医が集まっていました。

治療の進歩が著しいSMAは特に注目されており、各シンポジウムでは活発な議論が行われていたようです。


ブースにも多くの方にお立ち寄りいただき、冊子やチラシ等を持ち帰っていただきました。SMAの現状について、熱心にお話を聞いて行かれる先生がたもいらっしゃいました。


SMAの子どもたちも参加してくれて、いろんな方と積極的にお話していました。

子どもたちが電動で元気に動き回っている姿を実際に見てもらうことも大切な啓発なので、参加してくれて良かったです。お手伝いのみなさん、お疲れさまでした!


今年度は全国各地の学会にブース出展を行います。

会場からお近くの会員さんは、ぜひSMAの啓発にご協力ください。



最新記事

すべて表示

ゾルゲンスマ投与後のスピンラザの臨床試験にご参加いただける方を探しています。対象者基準や参加方法など、詳細は下記よりご確認ください。 https://smahpproject.wixsite.com/nbs12/news20220607rinshousiken

2022年5月15日、【SMA家族の会 第23回定例総会】を開催しました。 昨年に引き続き、オンライン開催となりましたが、全国から約50名の会員さんにご参加いただきました。 議題は2021年度事業報告および2022年度事業計画案、決算・予算案報告、役員改選などでした。時代と共にSMAをとりまく環境が目まぐるしく変わり、その変化に患者会も対応していくため、会則をはじめとする運営方針にもテコ入れを行い