top of page

厚生労働副大臣へ陳情書を手渡しました

更新日:2022年2月7日



4月16日、参議院議員・山本かなえ氏の多大なるご尽力により、稲津久厚生労働副大臣へ、遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ®点滴静注」の早期薬価収載を求める陳情書を手渡しました。 不要不急の外出を自粛する期間ではありますが、SMAの子ども達の命に関わる早急な要望趣旨のため、マスク着用のもと、5名のみで厚労省を訪れました。 稲津副大臣、山本議員ともに、大変お忙しいなか時間を割いてくださり、SMA患者の現状と遺伝子治療薬の必要性、そして早期薬価収載の重要性について、じっくりお話を聞いてくださいました。 同行した会員からは、ゾルゲンスマには薬価以上の価値があること、投与をどんな気持ちで待っているか、なぜ薬価収載を急いでほしいのかなど、熱望する思いを伝えました。 また、この日のために全国の会員さんから届けられた「患者の声」も、副大臣へ直接手渡しました。大変短い準備期間でしたが、投与対象者の方はもちろん、そうでない方からもたくさんの声が寄せられ、患者・家族の切なる願いを、国へ伝えることができました。

時間のない中ご協力くださった皆さん、本当にどうもありがとうございました。 副大臣からは「担当官にもしっかりと伝え、最短で収載できるように最善を尽くしたい。全力で取り組むので、期待して待ってもらいたい」という力強いお言葉と、温かい励ましをいただきました。 この未曾有の状況下、誰もがコロナ対策に追われ、混乱している世の中で、SMAのような希少疾患の患者の声に、真摯に耳を傾けてくださる方々に、心より感謝申し上げます。 そして、治療を心待ちにしている小さな子ども達の願いが、一日も早く叶うことを、心より願っております。



「ゾルゲンスマ®点滴静注」の添付文書はこちら 適正使用指針はこちら です。

ゾルゲンスマについてご質問がある方は、「SMA家族の会」事務局までご連絡ください。



最新記事

すべて表示

11月27日(日)に、小児科医の熊谷先生を講師にお招きし、『就学・就労・日常生活の相談会』を実施致しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。 1部の講演は「障がい者」の定義や重度介護訪問のしくみや問題点や当事者(先生)のご経験をもとに複数名の介助者がいた方が生活をしやすい事や自薦ヘルパーなどの活用などのご講演がありました。また、先生自身が大変ご苦労されて研修医時代を過ごされた話も聞くこと

2022年12月6日、経口治療薬エブリスディの添付文書が更新され、経鼻または胃ろうチューブでの投与について正式に記載されました。 エブリスディの添付文書 (14.3.1の部分に記載あり) これに伴い、全国の医療機関、薬局、医療関係者にて、経管投与コネクタ(補助具)の配布が始まります。 経管投与の患者・家族は手持ちのシリンジ等を使い、各々工夫してエブリスディを投与されていたと思いますが、今後はエブリ

bottom of page