『脊髄性筋萎縮症(SMA)診療の手引き』会員全員プレゼントのお知らせ

更新日:10月15日

2022年10月末、SMA診療に関する決定版『脊髄性筋萎縮症(SMA)診療の手引き』が、メディカルレビュー社より刊行されます。

東京女子医科大学の齋藤加代子先生を筆頭に、全国からたくさんの専門医が集まり、SMAの定義・診断・治療・リハビリテーション・生活や福祉などについて、幅広い知見から執筆された1冊です。SMAに関する専門書籍は、『脊髄性筋萎縮症診療マニュアル』(金芳堂)以来、10年ぶりの刊行となります。


このたび【SMA家族の会】では、この本を会員さん全員に、1冊ずつプレゼントさせて頂くことになりました。現在、発送準備中です。10月末頃までには皆さまのお手元に届く予定ですので、楽しみにお待ちください。


なお、本の詳細については こちらの資料 をご覧ください。


【『脊髄性筋萎縮症(SMA)診療の手引き』会員全員プレゼント】について、ご不明な点等ございましたら、事務局メール smajimkyoku@sma-kazoku.net までご連絡ください。





最新記事

すべて表示

9月25日、お二人の講師をお迎えしてHAL勉強会を開催しました。 お一人目の講師は、湘南ロボケアセンター所長粕川隆士氏。 HALがどのような仕組みで人の動きを助けるのか、どのような形で 訓練を行うのか、様々な動画とともに解説してくださり、まさに 「百聞は一見にしかず」。 個人的には、「単関節用HALってどんな物?」と思っていましたが、 単関節用HALを肘につけて訓練を行った方の、訓練後の可動域が目