「ゾルゲンスマ®点滴静注」の製造販売承認

2020年(令和2年)3月19日、『ゾルゲンスマ®点滴静注』(一般名:オナセムノゲン アベパルボベク)の製造販売が承認されました。


「ゾルゲンスマ」は、SMA(脊髄性筋萎縮症)の根本原因である遺伝子の機能欠損を補う遺伝子補充療法で、1回の点滴静注で治療が完了します。


今後、薬価収載されますと、国民皆保険制度のもと、投与が可能となります。


「ゾルゲンスマ®点滴静注」の詳細につきましては、ノバルティス ファーマ株式会社のプレスリリースをご参照ください。担当医に情報提供をされる際は、このプレスリリースをご提示ください。


「ゾルゲンスマ」の申請・承認に際し、多大なるご尽力をいただきました諸先生方、および会員の皆さまに、心より感謝申し上げます。


《SMA家族の会》では、この薬が、必要としているSMA患者さんのもとへ一日も早く届くよう、今後も活動して参ります。

ご質問等がありましたら、事務局までご連絡ください。

最新記事

すべて表示

SMA家族の会では、エブリスディを服用している患者さんの状況について、アンケート調査を行います。 集計結果は個人情報等を配慮した上で家族の会HPに公開するほか、必要に応じて医療機関や製薬会社等へ提供したり、具体的な改善策を検討したり、今後の会の活動に役立てて参ります。 既にエブリスディを服用し始めた方・その家族にのみ回答いただけます。 なお、アンケートは本会の会員に限らず、回答を募集していますので