「エブリスディ®」の製造販売承認

2021年(令和3年)6月23日、『エブリスディ®ドライシロップ60mg』(一般名:リスジプラム) の製造販売が承認されました。「エブリスディ®」は、乳児から成人のSMA(脊髄性筋萎縮症)患者さんが対象の、初の経口薬で、在宅での治療が可能となります。今後、薬価収載されますと国民皆保険制度のもと処方が可能となります。


『エブリスディ®ドライシロップ60mg』の詳細につきましては、中外製薬株式会社のプレスリリースをご参照ください。


添付文書(PDF)は、こちらになります。


担当医等に情報提供をされる際は、このプレスリリースと添付文書をご提示ください。




「エブリスディ®」の申請・承認に際し、多大なるご尽力をいただきました諸先生方、関係者の皆さま、および会員の皆さまに、心より感謝申し上げます。


《SMA家族の会》では、近日中に「エブリスディ®」に関する説明会(会員限定)を開催すると同時に、この薬を必要としているSMA患者さんのもとへ一日も早く届くよう、薬価収載・販売開始に向けて今後も活動して参ります。


ご質問等がありましたら、こちらからお問い合わせください。

最新記事

すべて表示

9月25日、お二人の講師をお迎えしてHAL勉強会を開催しました。 お一人目の講師は、湘南ロボケアセンター所長粕川隆士氏。 HALがどのような仕組みで人の動きを助けるのか、どのような形で 訓練を行うのか、様々な動画とともに解説してくださり、まさに 「百聞は一見にしかず」。 個人的には、「単関節用HALってどんな物?」と思っていましたが、 単関節用HALを肘につけて訓練を行った方の、訓練後の可動域が目