PMDAへ陳情に行ってきました!

最終更新: 2018年11月10日

1月25日(水)、当事者を含む役員3家族でPMDAに伺い、新薬ヌシネルセンの早期承認および適用範囲拡大についての陳情書を提出してきましたので、ご報告致します。 当日はPMDAの理事長と、新薬審査担当の方などが同席くださり、30分かけてお話ししてきました。 内容は、家族会の説明、SMAの説明、要望の趣旨説明がメインでした。 患者当事者が作文を読み上げ、最後に陳情書と、皆さんからの要望文を掲載した冊子「患者の声」を手渡しました。 理事長はその場で「患者の声」をめくられ、たくさんの写真や熱い思いをつづった文章に感銘を受けていらっしゃいました。 PMDAもこの新薬の必要性をよく理解してくださっていると感じました。 昨年末からみなさんが届けてくださったたくさんの声と、私たちの思いはしっかり伝わったかと思います。 皆さんのご協力がなければ、今回の陳情は叶いませんでした。 お忙しいなか時間を割いて、要望文を書いてくださった皆さま、本当にどうもありがとうございました。 お薬の一日も早い到着を心から願い、期待して待ちたいと思います。





最新記事

すべて表示

「エブリスディ®」の製造販売承認

2021年(令和3年)6月23日、『エブリスディ®ドライシロップ60mg』(一般名:リスジプラム) の製造販売が承認されました。「エブリスディ®」は、乳児から成人のSMA(脊髄性筋萎縮症)患者さんが対象の、初の経口薬で、在宅での治療が可能となります。今後、薬価収載されますと国民皆保険制度のもと処方が可能となります。 『エブリスディ®ドライシロップ60mg』の詳細につきましては、中外製薬株式会社のプ