top of page

[第4回からだ相談会]を開催しました!

更新日:2022年1月31日

2021年12月26日に「第4回からだ相談会」を開催しました。

テーマは『みんなでストレッチ』。


※講演動画をアップしています。ご視聴は こちら の[会員限定資料]より※


新型コロナによってリハビリの回数が減少した患者さんが多いことを受け、

東京女子医科大学病院の理学療法士・鈴木隼人先生を講師にお招きし、

関節拘縮がおきやすい場所を中心に、ストレッチ指導を行っていただきました。


初のハイブリッド開催で開始時にwifiトラブルもありましたが、

リハビリに関する座学とストレッチの実演を織り交ぜた講義、

さらに、参加者の質問にもたくさん答えていただき、充実した勉強会となりました!


以下、参加者アンケートの抜粋です。


★★★★


●鈴木先生の講演はいかがでしたか? 実際に患者さんを前にしてリハビリの実演をしてくださったところは非常に分かりやすく、家庭でもすぐに真似しようと思いました。(実際に勉強会中に一緒にストレッチできました)

自分達も同じようにストレッチをしながら見れたのでとても勉強になりました!画面越しではありましたが、その場所に行ってるようで(会場に行ったとしても同時にストレッチをしながら講話を聞く事も難しいとおもうのでとてもよかったです!)わかりやすかったです。

●全体の感想をお聞かせください

初のリハビリのオンライン勉強会だったので、3時間があっという間でとても勉強になりました。 また定期的に行ってほしいです。

からだ相談会は過去にも参加させて頂いておりますが、今回の会は実演もあり大変分かりやすく、とても良い会だったと思います。


息子の肩関節の固さ、膝裏の伸びにくさを常日頃感じておりましたが、なかなか上手くストレッチ出来ずにいたので、ドンピシャで勉強になりました。 スライドや動画だけではなく、実際その場で説明しながらストレッチ法が聞けたのも新鮮で良かったです。 モデルさんも参加していただいて実践オンライン!とても良かったです。その場に一緒に居るかのように、自分も我が子と同じようにストレッチ練習ができました! 会場に行ってとなれば広く会場を取らないといけないので、オンラインでのこのような形はとても良いのでは?!と。。。


★★★★


アメリカ等では既にリハビリをオンラインで実施されているようですので、

またハイブリッドでのリハビリ講座などの企画も考えたいと思います。

ステイホームでも定期的にストレッチやリハビリを行い、拘縮予防を心がけましょう!

最新記事

すべて表示

11月27日(日)に、小児科医の熊谷先生を講師にお招きし、『就学・就労・日常生活の相談会』を実施致しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。 1部の講演は「障がい者」の定義や重度介護訪問のしくみや問題点や当事者(先生)のご経験をもとに複数名の介助者がいた方が生活をしやすい事や自薦ヘルパーなどの活用などのご講演がありました。また、先生自身が大変ご苦労されて研修医時代を過ごされた話も聞くこと

2022年12月6日、経口治療薬エブリスディの添付文書が更新され、経鼻または胃ろうチューブでの投与について正式に記載されました。 エブリスディの添付文書 (14.3.1の部分に記載あり) これに伴い、全国の医療機関、薬局、医療関係者にて、経管投与コネクタ(補助具)の配布が始まります。 経管投与の患者・家族は手持ちのシリンジ等を使い、各々工夫してエブリスディを投与されていたと思いますが、今後はエブリ

bottom of page