top of page

神経筋疾患向けの改変版テスト『ATEND』翻訳版公開

更新日:2023年5月25日

SMA(脊髄性筋萎縮症)を主とする神経筋疾患向けに、米国スタンフォード大学医学部の理学療法チームが、新たな身体機能評価テスト『ATEND』を考案しました。

SMA未来会議では、この日本語翻訳版を制作し、一般公開しています。


理学療法士などのセラピストと共に、患者・家族が積極的に身体機能評価を行うことで、治療にポジティブに向き合い、QOLをアップさせることを目的としています。

ぜひ日々のリハビリのご参考にしてください。


『​ATEND 手順マニュアル』と『ATEND ワークシート』の詳細は こちら




最新記事

すべて表示

【エブリスディ使用者アンケート調査】にご協力ください

SMAの経口治療薬『エブリスディ』の製造販売が承認されて3年が経過しました (製造販売の承認は2021年6月23日、薬価収載は同年8月)。 SMA家族の会では、薬価収載直後の2021年11月に 【エブリスディ使用者アンケート調査】を実施しましたが、このたび改めて調査を行うことに致しました。 エブリスディを服用しておられる方の中には、服用の効果もさることながら、薬剤の取り扱いの難しさ、大変さを感じて

Comments


bottom of page