第2回「がっこう座談会」報告

9月27日(日)にオンラインにて第2回がっこう座談会が開催されました。

21名の参加があり、地域の学校や特別支援学校についてお話しいただいたり、地域の学校(医療的ケアあり)、地域の学校(医療的ケアなし)、特別支援学校の3つのグループに分かれて、それぞれ質疑応答メインの会になりました。


グループで話題にあがった内容は、以下のようなものです。


・学校でのコロナ対策の状況

・看護師はどうやって手配(配置)されたのか

・学習支援員はどんな様子、役割なのか

・特別支援学級、特別支援学校、地域の学校の通常級、それぞれの様子

・通常級での早い授業スピードにどうついていくのか

・学校の授業を受ける時の工夫、手段(漢字、計算、テスト、観察日記、鍵盤ハーモニカ)

・ICTも大事だけど、アナログもすごく大事

・就学前にぜひ習得しておきたいのは、ひらがな(できればカタカナも)

・特別支援学校の教育内容(教科書や授業のこと)

・就学相談で、教育委員会はどこを見ているのか、注意点やアピール方法など

・どんな将来像(例:6年生になった時)を希望するか、それを就学相談で伝え、実現する方法をすり合わせていく

・通常級で良かったこと

・トイレ介助のこと


時間の許す限り話し合い、それぞれの悩みが解消されるきっかけになったことと思います。

ご参加の皆さま、どうもありがとうございました。




最新記事

すべて表示

【SMA第3回からだ相談会】申込み開始

2年連続で開催してきた「からだ相談会」の第3弾が決定しました。 新型コロナウイルスの影響を加味し、前回に引き続き、オンラインでの開催となります。 内容は、SMAにとって大きなテーマ「側弯」と、治療時代の新しいニーズ「歩行」です。 豪華なゲスト講師を迎え、専門的な視点から質問やお悩みに徹底的に答えていただきます。 日程は2月14日(日)13:00から、ZOOMでの開催。 全国どこからでも、どなたでも

定例会を開催しました

2020年12月6日(日)14:00~17:00、Zoomにて 『SMA患者の声~疾患啓発と社会参加のために~』 SMA家族の会関東支部第45回&関西支部第37回定例会として (田辺三菱製薬「手のひらパートナープログラム」助成対象事業) を開催しました。 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の春名由一郞氏による「難病患者・障害者雇用に付いての現状」、株式会社ほっとはぴねす代表の吉村枝里子によ

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。