第2回「がっこう座談会」報告

9月27日(日)にオンラインにて第2回がっこう座談会が開催されました。

21名の参加があり、地域の学校や特別支援学校についてお話しいただいたり、地域の学校(医療的ケアあり)、地域の学校(医療的ケアなし)、特別支援学校の3つのグループに分かれて、それぞれ質疑応答メインの会になりました。


グループで話題にあがった内容は、以下のようなものです。


・学校でのコロナ対策の状況

・看護師はどうやって手配(配置)されたのか

・学習支援員はどんな様子、役割なのか

・特別支援学級、特別支援学校、地域の学校の通常級、それぞれの様子

・通常級での早い授業スピードにどうついていくのか

・学校の授業を受ける時の工夫、手段(漢字、計算、テスト、観察日記、鍵盤ハーモニカ)

・ICTも大事だけど、アナログもすごく大事

・就学前にぜひ習得しておきたいのは、ひらがな(できればカタカナも)

・特別支援学校の教育内容(教科書や授業のこと)

・就学相談で、教育委員会はどこを見ているのか、注意点やアピール方法など

・どんな将来像(例:6年生になった時)を希望するか、それを就学相談で伝え、実現する方法をすり合わせていく

・通常級で良かったこと

・トイレ介助のこと


時間の許す限り話し合い、それぞれの悩みが解消されるきっかけになったことと思います。

ご参加の皆さま、どうもありがとうございました。




最新記事

すべて表示

SMAケアギバー調査について

SMA家族の会会員のみなさまへ この度、製薬企業より「脊髄性筋萎縮症の介護負担状況に関する調査」(Webによる質問回答形式)の協力依頼が来ております。 本調査は、SMAの社会的な負担を調査する学術的研究で、介護負担状況をデータとして収集・解析し理解することを目的とし、日本を含め8か国で実施されます。研究結果の関連学会や学術論文への投稿も予定されています。 参加対象者は下記の方となります。 o 1,

【遺伝子治療フォーラム】申込み受付中

日本遺伝子細胞治療学会およびNHKエンタープライズによる【遺伝子治療フォーラム】が、10月4日(日)に開催されます。 SMA患者さん・ご家族を取材したようすが紹介されるほか、東京女子医大病院の齋藤加代子先生(インタビュー動画)、「SMA家族の会」も参加・登壇いたします。 コロナ感染拡大の影響を鑑みて、オンライン開催(インターネットからライブ配信)となりましたので、全国からご視聴いただけます。

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。