患者の治療・通院に関するアンケート調査報告

SMA家族の会では今年5月、患者の治療状況や通院、日常生活、医療サービス利用状況、コロナ禍の影響などをテーマに、アンケート調査を実施しました。


アンケートに協力した会員は109名。

未就学児(の保護者)から60代の患者本人まで、またSMAのタイプも0型から4型まで、幅広い層からの回答を得られました。



新薬の承認が続く中、実際に治療は進んでいるのか?


医療ケアや介助者を必要とする患者が多い中、通院にどんな困りごとを抱えているのか?


長引くコロナ禍において、治療やリハビリにどのような影響があるのか?



リアルな声がたくさん集まり、様々な課題が浮き彫りになっています。


こちらのページより、全15ページのアンケート集計結果をダウンロードできます。

ぜひご参照ください。



※以下はアンケート結果の一部です。






最新記事

すべて表示

「エブリスディ®」の製造販売承認

2021年(令和3年)6月23日、『エブリスディ®ドライシロップ60mg』(一般名:リスジプラム) の製造販売が承認されました。「エブリスディ®」は、乳児から成人のSMA(脊髄性筋萎縮症)患者さんが対象の、初の経口薬で、在宅での治療が可能となります。今後、薬価収載されますと国民皆保険制度のもと処方が可能となります。 『エブリスディ®ドライシロップ60mg』の詳細につきましては、中外製薬株式会社のプ

マルチメディアDAISY図書 オンライン勉強会のお知らせ(*会員限定)

「良質な絵本や教科書を、iPadを使って子供に読ませたい」 「iPadでの読書を通じて、ひらがな習得や漢字学習につなげたい」 「無料で利用できる人気の絵本や書籍はあるかしら?」 「発声が難しくても、国語の学習で“音読”する方法は?」 そんな悩みをもつSMAっ子&家族にぴったりのオンラインイベントを企画しました。 「マルチメディアDAISY(デイジー)」という機能豊富なデジタル図書をiPadで活用し