患者の治療・通院に関するアンケート調査報告

SMA家族の会では今年5月、患者の治療状況や通院、日常生活、医療サービス利用状況、コロナ禍の影響などをテーマに、アンケート調査を実施しました。


アンケートに協力した会員は109名。

未就学児(の保護者)から60代の患者本人まで、またSMAのタイプも0型から4型まで、幅広い層からの回答を得られました。



新薬の承認が続く中、実際に治療は進んでいるのか?


医療ケアや介助者を必要とする患者が多い中、通院にどんな困りごとを抱えているのか?


長引くコロナ禍において、治療やリハビリにどのような影響があるのか?



リアルな声がたくさん集まり、様々な課題が浮き彫りになっています。


こちらのページより、全15ページのアンケート集計結果をダウンロードできます。

ぜひご参照ください。



※以下はアンケート結果の一部です。






最新記事

すべて表示

9月25日、お二人の講師をお迎えしてHAL勉強会を開催しました。 お一人目の講師は、湘南ロボケアセンター所長粕川隆士氏。 HALがどのような仕組みで人の動きを助けるのか、どのような形で 訓練を行うのか、様々な動画とともに解説してくださり、まさに 「百聞は一見にしかず」。 個人的には、「単関節用HALってどんな物?」と思っていましたが、 単関節用HALを肘につけて訓練を行った方の、訓練後の可動域が目