【小児理学療法学会】に参加しました!

最終更新: 2019年1月6日

年の瀬の週末、12月22日と23日に大阪国際会議場で開催された

【第5回日本小児理学療法学会学術大会】にブース出展しました!


今年から小児だけ独立して開催されることになった理学療法学会。

規模は大きくありませんが、小児に特化したPTさんが全国より集結。

スピンラザの登場を受け、PT業界でもSMAの注目度は上がっており

SMAのリハビリに関する演題も多数発表されていました。

去年会員の皆さまにご協力頂いた「リハビリに関するアンケート調査」を

踏まえた研究結果も発表されておりました。


「SMA家族の会」のブースではいつもの展示物に加え

リハビリをメインにした資料を展示しました!


Ⅰ型からⅢ型までの子ども達(乳幼児期から学齢期まで)が 全国の病院や療育施設、自宅などで行っているリハビリの様子を

写真や動画集にまとめて紹介! HALやレッドコード、プロンボード等の機器を活用したリハビリから スリングやスイッチ等愛情たっぷりの手作りグッズを使ったリハビリまで さまざまな種類のリハビリを紹介することができました。

参加者の中には動画集に見入った後、熱心に質問されていく方もいて

たくさんのPTさんにSMAのリハビリを周知できたと思います。


動画集では、少しでも体を動かしてみようとがんばる子ども達の姿が キラキラしています💖💖 そして、それを見守る保護者やスタッフの温かさに ウルウルっとしてしまいました😂😂 SMAの新たな可能性が垣間見えた学会でした。

資料作りにご協力いただいた皆さま 本当にどうもありがとうございました!!!

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。