厚生労働大臣へ陳情書を手渡しました

6月28日(水)、参議院の山本かなえ議員のご協力により、塩崎恭久厚生労働大臣へ新薬の陳情を行ったことをご報告します。 急に決まったため、東京在住の役員4家族で対応しました。 大臣室にて、にこやかに出迎えてくださった塩崎大臣と、子供達(1型男児2名、2型女児1名)は握手をかわし、陳情書を手渡して記念撮影を行いました。 続いて各役員が『困っていること、新薬に期待すること』を大臣にお話しし、当事者が作文を読み上げ、最後に冊子『患者の声』を大臣へ手渡しました。 大臣からはその場で「1型の治療薬については来週の早い段階で承認、保険適用については8月中に実現したい」「2型以降については9月中には承認できるように取り組みたい」という具体的な回答を得ることができました。


陳情の様子は、尽力してくださった山本かなえ議員の公式Facebookにて閲覧できます。

最新記事

すべて表示

SMA家族の会では、エブリスディを服用している患者さんの状況について、アンケート調査を行います。 集計結果は個人情報等を配慮した上で家族の会HPに公開するほか、必要に応じて医療機関や製薬会社等へ提供したり、具体的な改善策を検討したり、今後の会の活動に役立てて参ります。 既にエブリスディを服用し始めた方・その家族にのみ回答いただけます。 なお、アンケートは本会の会員に限らず、回答を募集していますので