創設20周年記念式典を開催しました

2019年(令和元年)5月11日(土)、品川シーズンテラス・ホールにて「SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会第20回定例総会・創設20周年記念式典」を開催致しました。

第1部の総会では通常通り2018年度事業報告ならびに決算報告、2019年度事業計画案ならびに予算案の発表を行い、全会一致で承認されました。

続く第2部の記念式典には、会アドバイザーの先生方をはじめ、これまで会の活動をご支援くださった方々、歴代会長などを来賓にお迎えし感謝状と記念品を贈呈した後、ご来賓の皆さまからお祝いのお言葉を頂戴しました。


式典の様子

感謝状と記念品の贈呈

最後に全員で記念撮影を行いました。


参加者のみなさんと

式典の後には、ささやかな祝賀会も開催しました。会の創設メンバーの皆さんから20年前のエピソードをうかがったり、会員代表として子ども達や成人の方からメッセージをいただきました。最後はみんなでジャンケン大会!盛会のうちに幕を閉じました。


開催にあたりご協力くださったすべての方々に、心より感謝申し上げます。




最新記事

すべて表示

9月25日、お二人の講師をお迎えしてHAL勉強会を開催しました。 お一人目の講師は、湘南ロボケアセンター所長粕川隆士氏。 HALがどのような仕組みで人の動きを助けるのか、どのような形で 訓練を行うのか、様々な動画とともに解説してくださり、まさに 「百聞は一見にしかず」。 個人的には、「単関節用HALってどんな物?」と思っていましたが、 単関節用HALを肘につけて訓練を行った方の、訓練後の可動域が目