「Cyin(サイン)福祉用」が寄贈されました!

最終更新: 2018年11月10日

1月13日、神奈川県・横浜にて、サイバーダイン株式会社によるサイバニックスイッチ「Cyin(サイン)福祉用」の寄贈セレモニーが行われました。


今回は、大同生命保険株式会社様のご厚意により、難病支援の一環として「SMA家族の会」を含む計11団体に、「Cyin(サイン)福祉用」が一つずつ寄贈されました。


「Cyin福祉用」は「医療用HAL」と同等の機構が搭載されており、指先などの動きが小さすぎて一般的なスイッチが押せない方でも、脳から送られる“生体電位信号”を読み取ることで機器の操作などを可能にする最新ツールです!!


希望小売価格は60万円(税抜き)と高価です😲😲

が、「重度障害者用意思伝達装置」の支給対象となっています😂😂

詳細はこちらにあります。。


SMA家族の会では今年、ご寄贈いただいたCyinを会員さんに活用して頂くため、講習会やデモを予定しております。

どんなスイッチも押せない…と悩んでいる方、ぜひ諦めずにご参加ください!



最新記事

すべて表示

「エブリスディ®」の製造販売承認

2021年(令和3年)6月23日、『エブリスディ®ドライシロップ60mg』(一般名:リスジプラム) の製造販売が承認されました。「エブリスディ®」は、乳児から成人のSMA(脊髄性筋萎縮症)患者さんが対象の、初の経口薬で、在宅での治療が可能となります。今後、薬価収載されますと国民皆保険制度のもと処方が可能となります。 『エブリスディ®ドライシロップ60mg』の詳細につきましては、中外製薬株式会社のプ