「Cyin(サイン)福祉用」が寄贈されました!

最終更新: 2018年11月10日

1月13日、神奈川県・横浜にて、サイバーダイン株式会社によるサイバニックスイッチ「Cyin(サイン)福祉用」の寄贈セレモニーが行われました。


今回は、大同生命保険株式会社様のご厚意により、難病支援の一環として「SMA家族の会」を含む計11団体に、「Cyin(サイン)福祉用」が一つずつ寄贈されました。


「Cyin福祉用」は「医療用HAL」と同等の機構が搭載されており、指先などの動きが小さすぎて一般的なスイッチが押せない方でも、脳から送られる“生体電位信号”を読み取ることで機器の操作などを可能にする最新ツールです!!


希望小売価格は60万円(税抜き)と高価です😲😲

が、「重度障害者用意思伝達装置」の支給対象となっています😂😂

詳細はこちらにあります。。


SMA家族の会では今年、ご寄贈いただいたCyinを会員さんに活用して頂くため、講習会やデモを予定しております。

どんなスイッチも押せない…と悩んでいる方、ぜひ諦めずにご参加ください!



最新記事

すべて表示

協力お礼

みなさんへ 市場調査機関である社会情報サービスさまの依頼によりみなさんにご協力をお願いしておりました「脊髄性筋萎縮症(SMA)」に関するインタビューは、必要数が確保 きたため終了致しました。への協力依頼がありました。 ご協力くださいましたみなさん、どうもありがとうございました。

【SMA第3回からだ相談会】申込み開始

2年連続で開催してきた「からだ相談会」の第3弾が決定しました。 新型コロナウイルスの影響を加味し、前回に引き続き、オンラインでの開催となります。 内容は、SMAにとって大きなテーマ「側弯」と、治療時代の新しいニーズ「歩行」です。 豪華なゲスト講師を迎え、専門的な視点から質問やお悩みに徹底的に答えていただきます。 日程は2月14日(日)13:00から、ZOOMでの開催。 全国どこからでも、どなたでも

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。