アート展、スタート!

最終更新: 10月1日

【SMAアートオリンピック】オンライン・アート展がスタートしました!


こちらにある美術館の扉からお入りください。


https://www.sma-kazoku.net/



この企画は、コロナ禍でも自宅から参加し、楽しめるように考えました。

49人のSMA患者さんから合計59作品の応募がありました。

たくさんのご参加、どうもありがとうございます。



一つ一つの作品に「ストーリー」があり、SMA患者さんの日々の努力、願いや葛藤、

そして、環境設定を行う家族の愛情がぎっしりと詰まっています。


バラエティーに富んだ表現方法と、豊かな感性にあふれた、すばらしいアート展です。

これまでどこにもなかったような個性的なアート展になっています。

ぜひ一つ一つの作品をクリックして、コメントや制作風景をご覧ください。



このアート展をきっかけに、家族や患者さん同士、そして社会とのコミュニケーションが広がり、「どっやって作ったの?」「自分もやってみよう!」と表現への意欲が生まれてくれたら、とてもうれしいです。



★作品の二次募集を行います。

期間は【2020年10月11日(日)24:00まで】です。

アート展を見て、自分も出してみようと思った方は、ぜひご参加ください。

ご応募はこちらから。

https://www.sma-kazoku.net/smaartolympic2020



★審査・会員投票を行います。

期間は【2020年10月19日(月)から11月1日(日)まで】です。

詳細は後日お知らせします。まずは作品鑑賞をお楽しみください!





[SMA ART OLYMPIC 2020]の展示に関するご要望・ご質問・ご感想などは

メール(smahpproject@gmail.com)でご連絡ください。






最新記事

すべて表示

SMAケアギバー調査について

SMA家族の会会員のみなさまへ この度、製薬企業より「脊髄性筋萎縮症の介護負担状況に関する調査」(Webによる質問回答形式)の協力依頼が来ております。 本調査は、SMAの社会的な負担を調査する学術的研究で、介護負担状況をデータとして収集・解析し理解することを目的とし、日本を含め8か国で実施されます。研究結果の関連学会や学術論文への投稿も予定されています。 参加対象者は下記の方となります。 o 1,

【遺伝子治療フォーラム】申込み受付中

日本遺伝子細胞治療学会およびNHKエンタープライズによる【遺伝子治療フォーラム】が、10月4日(日)に開催されます。 SMA患者さん・ご家族を取材したようすが紹介されるほか、東京女子医大病院の齋藤加代子先生(インタビュー動画)、「SMA家族の会」も参加・登壇いたします。 コロナ感染拡大の影響を鑑みて、オンライン開催(インターネットからライブ配信)となりましたので、全国からご視聴いただけます。

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。