アート展、スタート!

最終更新: 2020年10月1日

【SMAアートオリンピック】オンライン・アート展がスタートしました!


こちらにある美術館の扉からお入りください。


https://www.sma-kazoku.net/



この企画は、コロナ禍でも自宅から参加し、楽しめるように考えました。

49人のSMA患者さんから合計59作品の応募がありました。

たくさんのご参加、どうもありがとうございます。



一つ一つの作品に「ストーリー」があり、SMA患者さんの日々の努力、願いや葛藤、

そして、環境設定を行う家族の愛情がぎっしりと詰まっています。


バラエティーに富んだ表現方法と、豊かな感性にあふれた、すばらしいアート展です。

これまでどこにもなかったような個性的なアート展になっています。

ぜひ一つ一つの作品をクリックして、コメントや制作風景をご覧ください。



このアート展をきっかけに、家族や患者さん同士、そして社会とのコミュニケーションが広がり、「どっやって作ったの?」「自分もやってみよう!」と表現への意欲が生まれてくれたら、とてもうれしいです。



★作品の二次募集を行います。

期間は【2020年10月11日(日)24:00まで】です。

アート展を見て、自分も出してみようと思った方は、ぜひご参加ください。

ご応募はこちらから。

https://www.sma-kazoku.net/smaartolympic2020



★審査・会員投票を行います。

期間は【2020年10月19日(月)から11月1日(日)まで】です。

詳細は後日お知らせします。まずは作品鑑賞をお楽しみください!





[SMA ART OLYMPIC 2020]の展示に関するご要望・ご質問・ご感想などは

メール(smahpproject@gmail.com)でご連絡ください。






最新記事

すべて表示

【SMA第3回からだ相談会】申込み開始

2年連続で開催してきた「からだ相談会」の第3弾が決定しました。 新型コロナウイルスの影響を加味し、前回に引き続き、オンラインでの開催となります。 内容は、SMAにとって大きなテーマ「側弯」と、治療時代の新しいニーズ「歩行」です。 豪華なゲスト講師を迎え、専門的な視点から質問やお悩みに徹底的に答えていただきます。 日程は2月14日(日)13:00から、ZOOMでの開催。 全国どこからでも、どなたでも

定例会を開催しました

2020年12月6日(日)14:00~17:00、Zoomにて 『SMA患者の声~疾患啓発と社会参加のために~』 SMA家族の会関東支部第45回&関西支部第37回定例会として (田辺三菱製薬「手のひらパートナープログラム」助成対象事業) を開催しました。 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の春名由一郞氏による「難病患者・障害者雇用に付いての現状」、株式会社ほっとはぴねす代表の吉村枝里子によ

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。