【SMA第3回からだ相談会】申込み開始

2年連続で開催してきた「からだ相談会」の第3弾が決定しました。

新型コロナウイルスの影響を加味し、前回に引き続き、オンラインでの開催となります。


内容は、SMAにとって大きなテーマ「側弯」と、治療時代の新しいニーズ「歩行」です。

豪華なゲスト講師を迎え、専門的な視点から質問やお悩みに徹底的に答えていただきます。


日程は2月14日(日)13:00から、ZOOMでの開催。

全国どこからでも、どなたでも、ご参加いただけます。



第1部のテーマは、SMAの全型・全世代からもっとも相談の多い「側弯」です。

幼少期から治療を開始している世代は、側弯の発症と進行が早いと言われています。

就学期の世代からは、進行の度合いや治療の時期について相談が多いです。

成人では、昨今の治療との兼ね合いなどで悩まれる方がいます。

側弯の症状、原因、予防、経過、治療の時期、手術の詳細、予後などについて学びます。

講師は、SMA脊椎固定術の第一人者である北里大学医学部整形外科の医師・高相晶士先生です。



第2部のテーマは、「歩行」です。

治療によって"立ち上がり"や"歩行"のリハビリにチャレンジする患者さんが増えています。

しかし、このようなリハビリは正しく安全に取り組むことが第一です。どのような方法で、どんなことに注意して取り組めばよいのかを、理学療法士の視点からアドバイスしてもらいます。講師は、国立精神・神経医療研究センター病院身体リハビリテーション部の理学療法士・矢島寛之先生です。



「側弯」と「歩行」に関するお悩みやご相談は、お申し込みの際にお寄せください。

講演後の追加のご質問は、リアルタイムでも受け付けます。




----------------------------

【SMA第3回からだ相談会】


●日時:2021年2月14日(日)13:00~16:00 (Zoomでの受付は12:30から)

●会場:インターネット上のZoomミーティングルーム

    (申込者にURLとパスワードをお送りします)

●参加費:無料

●定員:90名(先着順)

●タイムスケジュール:

受付  12:30~13:00

第一部 13:00~14:20 高相先生の「側弯」に関するお話(詳細は下記)&質疑応答

休憩  14:20~14:30

第二部 14:30~15:50 矢島先生の「歩行」に関するお話(詳細は下記)&質疑応答

終了  16:00頃



----------------------------

【参加申込方法】


下記項目を記入の上、会事務局 smajimkyoku@sma-kazoku.net へメールでお申し込みください。

受付後、ZOOMの視聴方法など詳細な案内をお送りします。


●件名「第3回からだ相談会」


① 氏名

② 会員 or 非会員

③ 患者 or 家族 or その他(職種をお知らせください)

④ メールアドレス

⑤ お住まいの都道府県

⑥ SMA患者さんの性別、型、年齢

⑦ SMA患者さんの「側弯」と「歩行」に関するお悩み

(少しでも有意義なアドバイスができるよう、できるだけ具体的に書いてください)



【注意事項】

① 時間の関係上、すべての質問に応えられない場合があります。質問が多い場合は、後日回答とさせて頂きます。

② ZOOMの途中入場・途中退出は自由です。

③ 通信にかかる費用は、各自ご負担ください。

④ SMAの型や年齢は問いません。支援者(医師/看護師/セラピスト等)へもお知らせください。

⑤ 講演内容の後日配信や資料の公開については、検討中です。



----------------------------

【講師紹介】


●第一部

北里大学医学部 整形外科 医師/高相晶士先生


1989年:千葉大学医学部卒業、千葉大学医学部整形外科入局

1998年:千葉大学大学院修了、学位(医学博士)取得

2003年:国立千葉東病院医長

2006年:北里大学医学部整形外科学 講師

2007年:北里大学医学部整形外科学 診療准教授

2010年:北里大学医学部整形外科学 主任教授



●第二部

国立精神・神経医療研究センター病院 リハビリテーション部 理学療法士/矢島寛之先生


2002年3月:中部リハビリテーション専門学校 理学療法学科卒業

2002年4月~2009年3月:国立精神・神経センター 武蔵病院 身体リハビリテーション部

2009年4月~2011年3月:独立行政法人 国立病院機構 村山医療センター リハビリテーション科

2011年4月~現在:国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター病院 身体リハビリテーション部

最新記事

すべて表示

ゾルゲンスマ添付文書改訂版

3月30日付で、ゾルゲンスマ点滴静注の添付文書が改訂されました。 【使用上の注意】に新たな副作用の記載があります。 詳細は こちら。

厚生労働省母子保健課へ、NBS要望

3月11日(木)、【SMA家族の会】より【厚生労働省子ども家庭局母子保健課】を訪問し、 『SMA(脊髄性筋萎縮症)新生児マススクリーニングの全国における実施体制の整備 および普及について』の要望書を提出しました。 緊急事態宣言中であることを考慮し、最少人数での面談でしたが、会員さんより募集した 心の込められたお手紙と要望書を、直接お渡しすることができました。 さらに、SMAの治療薬による効果を実感

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。