『蹴る』上映会&トークショー in Tokyo

12月15日、東京・品川にて映画『蹴る』上映会&トークショーが行われました。9月の大阪に引き続き、2回目の上映です。【「SMA家族の会」創設20周年記念行事】の一環として開催されました。


上映が始まる頃には、100席並べた会場がぎゅうぎゅうになるほどの大盛況。会員さんはもちろん、一般の方や学校関係者、医療関係者、企業の皆さまにも映画をご覧いただき、電動車いすサッカーと選手たちの魅力を知っていただくことができました。



上映後のトークショーでは、映画監督の中村さん、主役の永岡さん、競技経験者の益子さん、そして日本障がい者サッカー連盟(JIFF)会長の北澤豪さんにご参加いただき、それぞれの立場から、障がいがあってもスポーツすることの楽しさや、やりたいことにチャレンジする大切さについてお話いただきました。「サッカーを通して自信をつけて、人間力をアップしてほしい」といった、子どもたちへのメッセージなどが聞かれました。



トークショー後の体験会では、車いすの子どもたちがサッカーに挑戦!!初めてのチャレンジにも関わらず、ビシッ!と回転キックを決めようと、真剣な表情で取り組む姿が印象的でした。映画の中に何度も登場したゴールシーンが、子どもたちの目にはとてもカッコよく映ったのでしょうね。『蹴る』は大人向けのドキュメンタリー映画ですが、子ども達の心にも訴えるものがあったようです。



終了後は交流会も開催され、サンタさんとのじゃんけん大会も行いました。多くの方々の協力のお陰で、とてもあたたかく、素晴らしい会となりました。

どうもありがとうございました!!


最新記事

すべて表示

【遺伝子治療フォーラム】申込み受付中

日本遺伝子細胞治療学会およびNHKエンタープライズによる【遺伝子治療フォーラム】が、10月4日(日)に開催されます。 SMA患者さん・ご家族を取材したようすが紹介されるほか、東京女子医大病院の齋藤加代子先生(インタビュー動画)、「SMA家族の会」も参加・登壇いたします。 コロナ感染拡大の影響を鑑みて、オンライン開催(インターネットからライブ配信)となりましたので、全国からご視聴いただけます。

第2回「がっこう座談会」参加者募集中!

2020年3月に開催を予定していました「がっこう座談会」(関西支部第35回定例会)が コロナの影響により中止になりましたが、開催の要望がたくさんあったことから、 オンラインで開催することに致しました。 前回は関西支部の定例会として企画しましたが、オンライン開催のため、全国からの募集といたします(会員限定)。 ●どんな準備が必要? ●地域の学校?特別支援学校?

リハビリに関する動画を公開します

2020年5月20日に米国のCure SMAが行ったウェブセミナー(ウェビナー)のうち、リハビリに関する部分を、主催者・講演者の許可を得た上でみなさんと共有します。 全編英語ですが、翻訳ボランティアの協力を仰ぎ、訳文(PDF)をご用意致しました。 45分とやや長編ですが、スライドに対応した秒数カウントを訳文に記載しておりますので、視聴の際の参考にしてください。 訳文ファイルは こちら からダウンロ

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。