『蹴る』上映会&トークショー in Tokyo

12月15日、東京・品川にて映画『蹴る』上映会&トークショーが行われました。9月の大阪に引き続き、2回目の上映です。【「SMA家族の会」創設20周年記念行事】の一環として開催されました。


上映が始まる頃には、100席並べた会場がぎゅうぎゅうになるほどの大盛況。会員さんはもちろん、一般の方や学校関係者、医療関係者、企業の皆さまにも映画をご覧いただき、電動車いすサッカーと選手たちの魅力を知っていただくことができました。



上映後のトークショーでは、映画監督の中村さん、主役の永岡さん、競技経験者の益子さん、そして日本障がい者サッカー連盟(JIFF)会長の北澤豪さんにご参加いただき、それぞれの立場から、障がいがあってもスポーツすることの楽しさや、やりたいことにチャレンジする大切さについてお話いただきました。「サッカーを通して自信をつけて、人間力をアップしてほしい」といった、子どもたちへのメッセージなどが聞かれました。



トークショー後の体験会では、車いすの子どもたちがサッカーに挑戦!!初めてのチャレンジにも関わらず、ビシッ!と回転キックを決めようと、真剣な表情で取り組む姿が印象的でした。映画の中に何度も登場したゴールシーンが、子どもたちの目にはとてもカッコよく映ったのでしょうね。『蹴る』は大人向けのドキュメンタリー映画ですが、子ども達の心にも訴えるものがあったようです。



終了後は交流会も開催され、サンタさんとのじゃんけん大会も行いました。多くの方々の協力のお陰で、とてもあたたかく、素晴らしい会となりました。

どうもありがとうございました!!


最新記事

すべて表示

【SMA第3回からだ相談会】申込み開始

2年連続で開催してきた「からだ相談会」の第3弾が決定しました。 新型コロナウイルスの影響を加味し、前回に引き続き、オンラインでの開催となります。 内容は、SMAにとって大きなテーマ「側弯」と、治療時代の新しいニーズ「歩行」です。 豪華なゲスト講師を迎え、専門的な視点から質問やお悩みに徹底的に答えていただきます。 日程は2月14日(日)13:00から、ZOOMでの開催。 全国どこからでも、どなたでも

定例会を開催しました

2020年12月6日(日)14:00~17:00、Zoomにて 『SMA患者の声~疾患啓発と社会参加のために~』 SMA家族の会関東支部第45回&関西支部第37回定例会として (田辺三菱製薬「手のひらパートナープログラム」助成対象事業) を開催しました。 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の春名由一郞氏による「難病患者・障害者雇用に付いての現状」、株式会社ほっとはぴねす代表の吉村枝里子によ

logo_2.png

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。