■『スピンラザ®髄注12mg』の遅発型(Ⅱ型・Ⅲ型以降)への適応承認

2017/9/22 

会員のみなさんへ

新薬「スピンラザ®髄注12mg」が、9月22日に乳児型以外(Ⅱ型・Ⅲ型以降)の脊髄性筋萎縮症にも適応が承認されました。

今後はすべての型のSMA患者に、スピンラザの使用が可能となります。

これに伴い、「スピンラザ髄注12mg」の添付文書が一部変更されました。
新しい添付文書はこちらからご覧ください。

詳細はバイオジェン・ジャパンのプレスリリースにも記載されています。

使用を希望・検討する際は、添付文書を各医療機関や主治医に提示の上、ご相談ください。
添付文書の内容について不明点がある場合は、主治医からバイオジェン・ジャパン株式会社にお問い合わせ頂きますようお願いいたします。 

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。