■国会でSMAが大きく取り上げられました

2017/2/1

1月31日の参議院予算委員会の質疑で、SMAの病気と新薬のことが大きく取り上げられ、塩崎厚生労働大臣、および安倍内閣総理大臣がSMAについて答弁されました。

取り上げてくださったのは、山本かなえ議員(http://www.yamamoto-kanae.com/)です。

1月23日(月)に関東の役員が山本議員の事務所を訪ね、みなさんの声を集めた冊子「患者の声」と私たちの要望書を手渡し、大臣への陳情のお願いをしてきました。結果、今回の国会での質疑に至りました。

質疑では、SMAの病状や、新薬の重要性と承認申請のことが説明され、患者の声として、会員(3年生、二型)の作文が読み上げられました。みなさんにご協力いただいた「患者の声」も登場しています。

この質疑に対して、厚労省の塩崎大臣が
「SMAの治療薬については優先的に審査している、重要な医薬品としてよく認識している、改めてできるだけ早期に承認できるように、現場でも問題意識をもって対処します」と発言されました。

また安倍総理は、
「新薬の承認は患者さんにとって極めて重大と認識している、患者さんの思いを受けて、厚労省も承認に臨んでもらいたい」と発言されました。

■参議院 インターネット審議中継
URL:http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 
開会日:2017年1月31日
収録時間:約5時間30分
会議名:予算委員会
動画のうち、0:51から5分間

■YouTube
URL: https://youtu.be/X95jqfuJvUk?t=49m1s
こちらでは、SMAの部分から見られます。

SMAに関する国会質疑の全文 PDFデータ (テキスト)


私たちの思いが、山本議員の言葉を通して、国にしっかり届いたと確信しております。
要望文を書いてくださった方々、重ね重ねお礼を申し上げます。
みなさん、ご協力本当にどうもありがとうございました! 

このページの著作権はSMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会にあり、無断転載は固くお断りをいたします。

このページはリンクフリーです。但し原則として本ページ(index.htm)にリンクをお願いいたします。