定例会のご案内

「SMA評価リハビリ勉強会」

(『SMA(脊髄性筋萎縮症))家族の会』関東支部第40回定例会)


※午前の部およびランチ交流会は定員に達したため、受付を締め切りとさせていただきました。
午後の部は若干余裕があるため、申し込み可能です。(9月24日更新)

新薬「スピンラザ」が日本で承認されて間もなく1年になりますが、
スピンラザの投与について、以下のようにお困りの方はいませんか?

●ただ投与してるだけで他に何もしてないけれど、大丈夫かな…
●何となく効いてる気はするけど、主治医にうまく説明できない…
●一年経ったら投与は継続しない、と病院で言われた…
●もっと効果を出すにはどうしたらいいの?

そんな悩みを解決するには、ぜひ勉強会にご参加ください!

スピンラザの治験拠点、東京女子医科大学病院リハビリテーション科の
理学療法士・長谷川三希子先生、鈴木隼人先生をお招きして、
評価リハビリのノウハウの勉強会を開催いたします。
ランチ交流会では、日頃のリハビリ内容の発表や情報交換等を行います。

全国のSMA患者、その家族の皆さんはもちろん、
日頃からSMA患者のリハビリや評価に関わっている方(専門職)も
ぜひご参加ください。

★日程★
2018年10月8日(月曜・祝日)

★タイムスケジュール★
・受付開始 9時30分〜
・午前の部 10時〜11時45分
・ランチ交流会 12時15分〜13時
・午後の部 13時15分〜15時終了

★会場★
バイオジェン・ジャパン会議室
東京都中央区日本橋1−4−1 日本橋一丁目三井ビルディング14階

★アクセス★
https://www.biogen.co.jp/ja_JP/about-biogen/biogen-japan/how-to-find-us.html
(JR「東京」駅日本橋口から徒歩約6分、地下鉄「日本橋」駅直結)

★内容★
・午前の部(担当:長谷川三希子先生)
 CHOP INTENDを中心とした評価リハビリ手法の解説、SMA患者のリハビリ事例
・ランチ交流会
 患者家族、専門職による実践的なリハビリ事例発表、情報交換 
・午後の部(担当:鈴木隼人先生)
 HFMSEを中心とした評価リハビリ手法の解説、SMA患者のリハビリ事例

※午前は一型相当(首がすわっていない、自力で座位をとることが難しい方)、
 午後は二型相当(自力で座位が取れる方)を対象とします。

※CHOP INTENDについては以下ページをご参照ください。
 https://www.spinraza.jp/ja-jp/homepage/resources/CHOP-INTEND.html

※HFMSEについては以下ページをご参照ください。
 https://www.spinraza.jp/ja-jp/homepage/resources/HFMSE.html

★参加対象★
会員、SMA患者のリハビリや評価に関わる専門職の方(PT、OT)

★参加費★
会員無料、非会員は500円
     
★申込方法★
件名に「リハビリ勉強会」とつけたメールに下記1〜6を記載し、
SMA家族の会事務局( smajimkyoku@sma-kazoku.net )へ送信ください。

【1】お名前
【2】会員・非会員(非会員は所属医療機関名をご記入ください)
【3】電話番号(当日連絡が取れる番号)
【4】参加人数(子供の人数・年齢も)
【5】車椅子の有無(台数も)
【6】参加予定の部
  (終日、午前のみ、午前+ランチ交流会、ランチ交流会+午後、午後のみ)

★注意事項★
・定員は午前、午後とも各50名です。定員になり次第締め切らせていただきます。
・お子さんの参加は可能ですが、大人向け勉強会のため保育はありません。
・会場には車いす用トイレが男女1室ずつ、オムツ交換用スペースが1室あります。
・ランチ交流会では各自昼食を持参いただくか、会場でお弁当を販売予定です。
・関東定例会ですが、ご参加の方の地域は問いません。
・後日の資料の配布については未定です。





            






                       お問合せ先:事務局   




戻る