SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会




コミュニケーション機器&ホスピタル・プレイ 体験・相談会 in 鹿児島
(『SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会』関西支部第29回定例会)のご案内


・人工呼吸器の使用により発声・発話が困難で困っている……
・力が弱いためスイッチ操作がうまくできない……
・市販の玩具で遊ぶのが難しい……
・パソコンのキーボードやマウスが使いづらい、使えない……
・タブレットやスマホを使いたいけれど、
              手指の機能障害によりうまくいかない……など

コミュニケーションや情報機器に関するお悩みをお持ちの方、お子さんの「知育」や「遊び」についてアイデアを求めている方、是非ご参加ください。

2014年度から継続してきた企画です。
過去の開催の様子は家族の会ブログでご覧いただけます。
→ http://smajapan.blogspot.jp/2014_08_01_archive.html
→ http://smajapan.blogspot.jp/2014_11_01_archive.html
→ http://smajapan.blogspot.jp/2015/12/24.html
→ http://smajapan.blogspot.jp/2016/09/

家族の会として南九州での行事開催は初めてです!!
ちょっと遠いですが、普段はあまり目にする機会のない機器を実際に体験してみませんか?
子どもはもちろん、中高生や大人も十分楽しめる内容になっています!

1.日時:2017年9月3日(日) 10時~16時30分

2.会場:姶良市文化会館 ( 〒899-5241 鹿児島県姶良市加治木町木田5348-185 )
     →http://www5.synapse.ne.jp/kanonhall/index.html

3.プログラム
  第1部 10:00~11:30
    講演『病児・障がい児とホスピタル・プレイ』
    講師:松平千佳先生(静岡県立大学短期大学部 准教授)

  第2部 13:00~16:30
    相談・体験会
    1)ICT救助隊による「スイッチ」「コミュニケーション機器」の適応相談
    2)ホスピタル・プレイ・スペシャリストによる「遊び」体験
    3)最新のコミュニケーション・福祉機器展示

4.参加費:無料 (懇親会参加希望の場合は別途会費を頂戴します。)
    家族の会会員以外の方もご参加いただけます!
    友人・知人などお誘いください!

5.お申し込み方法
    下記にあります参加申込用紙をダウンロードし、必要事項を入力の上、
     【体験会参加】とタイトルをつけたメールにファイルを添付して、
    SMA家族の会事務局(smajimkyoku@sma-kazoku.net )にお送りください.

スイッチやコミュニケーション機器について個別相談ご希望の方は相談用紙もご提出ください。

※体験会後は懇親会(1時間半程度)を計画しています。 
 会費制:大人(中学生以上)1人500円
     子ども(3歳~小学生)1人300円
     3歳未満と経管栄養の方は無料
 ご希望の方はお申し込みください。

チラシ(PDFファイル)
申込用紙(PDFファイル)
相談用紙(PDFファイル)

主 催:SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会
共 催:NPO法人 ICT救助隊、NPO法人 日本ホスピタル・プレイ協会
協 力:松平千佳(静岡県立大学短期大学部 准教授)
    伊藤史人(島根大学総合理工学研究科 助教)
    佐々木千穂(熊本保健科学大学 准教授)
    九州地区e-AT研究会
    鹿児島SMAの会

この行事の開催には、田辺三菱製薬『手のひらパートナープログラム』による助成金を使わせていただきます。



[トップページに戻る]